小川中法律事務所

726

ようこそ 小川中(おがわあたる)法律事務所へ

相続問題について弁護士を利用するメリットは何でしょうか。もちろん、出発点である「誰が相続人か」という問題を正確に判断できること、さらに、相続の対象となる遺産の範囲について法的観点から正確なアドバイスが出来る、という基本的なメリットがあります。それ以上に、相続問題の発生から終局までを見通した、一貫したお手伝いが出来るという、依頼者の方にとって大きなメリットがあります。通常は、相続人の間での任意の話し合いから始めます。この場面では、相続人の範囲を確定できているか、また、普段付き合いがない相続人とのおっくうになりがちなやりとりを手助けします。

2019年施行改正相続法について

2019年1月13日(自筆証書遺言の要件緩和)以降,2019年7月1日を原則的な施行日として,相続法の改正が施行されます。
詳しくは「2019年施行改正相続法について」に掲載していますのでご覧ください。

施行日は次のとおりです。


改正相続法・施行日一覧表

注記 根拠条文等
原則的施行日 2019年7月1日
この日以後に開始した相続について適用
旧法の原則的適用 (施行日前に開始した相続については旧法適用) 附則2条
自筆証書遺言の例外
(財産目録の非自筆可能)
2019年1月13日
(この日以降になされた自筆証書遺言)
附則6条
改正903条4号
夫婦間における居住用不動産の贈与等
2019年7月1日以降に行われた贈与等についてのみ適用 相続開始日が2019年7月1日以降でも,贈与の日が原則的施行日より前の場合は不適用 附則4条
遺産分割前の預貯金払戻 原則的施行日以後に請求される払戻であれば,相続の開始時点を問わず適用 附則5条
(いわゆる新法主義を採用したもの)
改正899条の2
債権の承継通知
原則的施行日後に成立した遺産分割により債権が承継される場合であれば,相続の開始時期を問わず適用 附則3条

※ この表は弁護士小川中(大阪弁護士会)の個人的な法令解釈に基づくものです。

 転載及び使用する場合は,出典の明記をお願い致します。また,免責事項をご覧下さい




取扱業務

小川中法律事務所では相続相談を始め、さまざまな法的相談に対応いたします。

相続相談、遺産分割、遺言相談、成年後見人、任意後見人などお気軽にご相談ください。

相続相談をご利用ください。

(詳しい業務内容はクリックして下さい。)

相続相談/遺産分割

他人事ではありません。
相続人になった方も、そうでない方も。専門家にご相談を。

遺言相談

遺言状作成・遺言執行など。
遺言状にまつわるお悩みに対応いたします。

成年後見人

法定成年後見人は、ご家族等が就任される場合のほか、裁判所が指定する場合があります。後見就任後もご家族様に法律的なアドバイスを行います。

任意後見人

衰えを感じられており、将来にそなえ、専門家に財産の管理を委ねたいとお考えの方。

相続の流れ

相続相談の手続きについて

通常は、相続人の間での任意の話し合いから始めます。
この場面では、相続人の範囲を確定できているか、また、普段付き合いがない相続人とのおっくうになりがちなやりとりを手助けします。
任意の話し合いが出来ない場合、家庭裁判所の調停手続により相続問題の解決を目指します。
家庭裁判所の調停手続では当事者の代理人として出廷できる法曹資格は弁護士に限られています。
財産が多く複雑な場合には、弁護士による交通整理が事案をより迅速に解決する手助けとなります。
相続人間で対立が厳しい場合には、よりご自身の主張を的確に裁判所に伝えるために弁護士が有益です。
さらに、生前に寄与された相続人がいる場合、寄与分の主張を通じてその寄与を正当に評価して反映します。
この場合も弁護士の関与が有益です。
また、調停手続でも話し合いが着かない場合、審判手続で判断されますが、この場合も、独特の取り扱いが多々あります。
こういった、総合的な法的見地からさまざまな解決方法をご提案し、少しでも早く安心した相続問題の解決をご提供したいと考えております。

弁護士報酬・相談料等

Consulting fees

小川中法律事務所


代表者
弁護士 小川 中(おがわ あたる)


所在地
〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満2丁目6番8号
堂島ビルヂング7F


連絡先
TEL:06-6312-5755
FAX:06-6312-5756


事業内容
1.相続・遺言事件の取り扱い
2.成年後見申立・任意成年後見人への就任
3.交通事故事件(被害者側)の取扱い
4.その他各種法律相談


メール
ogawa※ogawa-law.jp(※は@に変更してください)




経歴
平成 5年 東京大学法学部卒
平成12年 司法修習54期(大阪修習)
平成18年 小川中法律事務所を開設


著書
Q&A平成15・16年改正商法(平成15年・新日本法規)
企業法コンプライアンス(平成18年・東洋経済)
私立学校の再建と再編(平成23年・商事法務)
遺産分割事件・遺言事件
(いずれも共著)


取扱分野
【重点分野】
・遺産分割事件・遺言事件
(大阪弁護士会遺言相続センター登録弁護士[平成23~25年度])
・上場会社外部委員(コンプライアンス委員)
・成年後見事件
(成年後見人・大阪弁護士会高齢者・障害者総合支援センター(ひまわり)登録弁護士)
・労働関係事件(主に会社側)
【その他取扱分野】
・一般民事事件(売掛金請求・貸金請求等)
・被害者弁護事件(大阪弁護士会・犯罪被害者弁護ライン登録弁護士)


小川中法律事務所概要

小川中法律事務所は,大阪弁護士会所属・弁護士小川中(昭和43年生れ)が代表を務めており,大阪府や兵庫県を初めとする関西地方の相続問題を重点的に取り扱っております。
相続人間に遺産の分け方などについて争いがある場合,「紛争性」のある事件として弁護士のみが取り扱うことが出来ます。
相続問題でお困りの方は,家庭裁判所の手続・高等裁判所の手続や,登記手続などに精通した小川中法律事務所にぜひご相談下さい。

〒 530-0047

大阪府大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング7F

TEL:(06)6312-5755
FAX:(06)6312-5756