遺言相談

遺言書作成、遺言執行など遺言書にまつわるお悩みは専門家への相談をおすすめします。

封をされた自筆証書遺言の場合には、家庭裁判所で「検認」の手続きを取る必要がありますので、そのままの状態でご相談下さい。
公正証書遺言の場合には内容を確認することができます。

原則、遺言を希望される方が事務所にお越し頂き、相談を実施

推定相続人や相続財産の調査を実施します。

遺言書案を作成します。

公正証書、遺言書を作成します。(原則として、公正証書遺言となります。)

保管が必要な場合は保管します。

複数の遺言の内容が矛盾している場合
(同じ財産を別の人に単独で取得させる内容になっているケースなど)
には後に作成された遺言が有効になります。